カテゴリ:雑談( 43 )

みなさま、ご無沙汰しております。
全然ブログを更新する気力をなくしてほったらかしでした。
すっかり忘れられているけどちょうどいいか(^_^;)

この半年、自分の人生においても激動の半年になりました。
まず時系列順に報告。

1月 通常営業で例年通り激忙。

2月 新年度スタートの月なのだが、生徒数激減のあおりを食ってコマ数減、ヒマになる。
昨年に引き続き日本チェロ協会主催の『第2回チェロの日』に参加。楽しかった。

3月 新しい講師評価制度がスタート、ブラックリストに載っている危険人物のσ(^_^)
大幅収入減となる。そんなときに同僚T氏の紹介で急遽4月から私立K中で週3日10コマの授業を担当することが決定。

4月 17年ぶりの教壇復帰。校長先生が良い方で教員歴5年のσ(^_^)に塾講師歴も加味してくれて最高給の待遇となる(^_^)v

5月 勤務先Nで次から次へとあきれかえることが続き嫌気がさし、来年1月での退社と申し出る。

6月 σ(^_^)の発言が会社への批判と受け取られ大問題に。うんざりして6/2付けでいきなりの退社。

会社辞めたらものすごく気持ちが楽になった。それこそ刑務所からシャバにもどったヒトはこんな感じなのかなと(^_^;)
6月はライブにコンサートに飲み会にと遊び三昧。夜早く家に帰るというのはなんと素晴らしいのだろう!
さらにGWにT門下飲み会があり、そのときに兄弟子K氏からオケに誘われたので、当初は来年からの予定だったけど、急遽入団決定。先週弦分奏に初参加、そして今日から正式入団ということで初の合わせ練習。

オケに入りたいと思ったのは高校の時。大学に入ったらと思っていたが2浪したときの親との約束で授業料、生活費を自分で賄う約束だったので叶わず、月日は流れ30年。
ようやくオケに参加できるようになったよ(^_^)

今日は運命1楽章、ヨハン・シュトラウス「エジプトマーチ」、ケテルビー「ペルシャの市場にて」

「ペルシャの市場にて」はσ(^_^)が物心つかない頃、うちのオヤジ(新しもの好き)が日本コロンビア製ステレオセットを買ったのだが、それに付いていたおまけレコードのこれが入っていて、小さい頃よく聴いた。最近はこういうライトクラシックはあまりはやらないのかもしれないけど、久しぶりに聴いたらちょっと胸が熱くなったね。
弾けないところはいっぱいだけどとにかく楽しい。これは止められないはずだよ。

来週は来年の定演に向けての曲、バーンスタイン「キャンディード」序曲、ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」を練習するとのこと。がんばって練習しよう(^_^)
[PR]
by ryoseim | 2012-07-01 14:34 | 雑談
先週の40celloとリュートコンサートで久しぶりに古楽の楽しさを思い出して病気再発(^◇^)ケラケラ
リュートもバロックチェロもガンバも弾きたい!欲しい!
と言ったところでカネも時間もない現在全く目処など立たないんだけどね。

国産リュート制作者のサイトをチェックしてみる。

菊地先生御用達の楽器は加納木魂氏のもの。
13コースで84万からか(-_-;)

気になっているのは若手の人気ギター製作家の奥清秀氏のもの。
これは13コースでケース付き52万円とかなりリーズナブル。写真で見ると美しい。欲しい!
検索したら奥さんのリュートを買った人のブログを発見。

ガンバとなるともっとマイナー?売ってる店ってどこがあるのかな?
おなじみなのは目白の東京古楽器センター
ここだとレッスンもやってるね。
それからMusica Antiqua Shonan。5弦チェロなんかもあって一度行ってみたい店。

ガンバのレッスンは東久留米の聖グレゴリアの家でもやってるね。
ここは有田正広氏のヘンデルのソナタ集が録音されたところ。一度だけ行ったことあるなぁ。

古楽器工房 VIOL
ここはガンバもリュートも手がけている。

最後にフィリップ・クイケン氏の工房も。
あのシギスヴァルド・クイケン氏の息子さんで、なぜか埼玉で制作活動をしている。日本語もペラペラ(^_^;)
バロックチェロとかは作ってくれるようだがガンバはどうなんだろう?

結構さがすとあるね。あとはカネを稼ぐだけか(^◇^)ケラケラ
[PR]
by ryoseim | 2011-08-20 23:24 | 雑談
ご無沙汰しております。
チェロコングレスの後、大震災があり、バタバタしているうちに更新する気力とモチベーションを失い、
すっかり放置してしまいました。

とりあえず記録の意味で、レッスンの日付をチェックしておきます。

去年の11/30が29回目のレッスンなのでそれから先は、

12/23、2/17、2/24、4/16、5/13、5/26

1月は激忙、3月は震災とその直前に通風になったので(-_-;)
シュローダーのエチュードばかりやってます。

今はBuchler(uはウムラウト)のOp.21の6曲が58~63番。
60番までは前回やったんだけど、割と弾きやすいと思ったら次の61番が難しい。
だいたいこの曲集並べ方変。難易度順に並べればいいのに、作曲家ごと、作品番号ごとにまとまっているので突然難しくなったり、後ろでも易しめだったり。音拾うだけでも一苦労。

あとは他に曲やらないのかと先生に言われたので次回はヴィヴァルディのソナタの1番(RV47)をやってます。
次回は36回6/23(木)13時からの予定。

コンサートは4/29にサントリーホールでN響定期、ノリントンのベートーヴェン2番とPコン「皇帝」
恒例のLFJは震災の影響で大幅縮小、聴いたのは5/4堤剛:ブラームスソナタだけ。
それから5/22 野津臣貴博(Fl)&増井一友(Gr)ライブハウスコンサート@赤坂カーサクラシカは楽しかったな。

こんなもんですね。ブログ休止中は。
少しずつ復帰しますので、またよろしくお願いします。
[PR]
by ryoseim | 2011-06-15 14:44 | 雑談
今さらながらあけましておめでとうございます(。_゜)★\(^^;)バキッ

中学受験業界は今が一番慌ただしいとき。さらには甥っ子も中学受験で心労も2倍。
まぁヤツはぬるい受験なので埼玉で1つすべり止めが受かったので一安心。
っていうかすべり止めが一番行きたい学校という(^_^;)
まだ試験残っているんだけどかなり気楽な感じになってます。

チェロは年明けてから全然触っていない。時間もないけど気持ちの余裕もなく。
ホントは今日レッスンの予約だったのですが、練習もできず時間もなく、あえなくキャンセル。
先生、本当にすみませんです(_ _;) 来月はちゃんと行きますので。

明日は夕方まで時間があるので年末大掃除しないままだった部屋の掃除をしなければ。
久々の捨て捨て祭りです(^_^)
2月から新年度スタートなので、今年度のものをドンドン捨ててしまわないと。

久しぶりに練習もしようかなと。
チェロコングレスも楽譜を印刷すらしていない状態。
30日の日曜日の練習会には初参加の予定。それまでに毛替えしないと。

大宮に凪島ヴァイオリンという工房がある。ここに問い合わせてみようかなと思ってます。
来週中に寄る時間があればいいけど。
[PR]
by ryoseim | 2011-01-21 00:44 | 雑談
今日も14時まで仕事。
帰りに近所の床屋で髪を切りに行ったのだけど、イスに座ったら爆睡(^_^;)
結局帰ってもダラダラして部屋も片付けずじまい。CDや本が部屋に散乱したままお正月。

1・2日は完全休みなのだけど、甥っ子の中学受験が11日から始まるので酒も断って勉強に付き合う予定。
3日から仕事。

今年もあっという間に終わってしまった。
歳を取るにつれて時間に加速度がついたように早く進んでいく気がする。
今年はなんだか落ち着かないうちに終わった感じ。

チェロ中心に1年をふり返ってみます。

去年の暮れから田澤先生に師事して、今月2回目のレッスン(まだ日記になってない(^_^;))で30回目。
なかなか厳しく特に左手は毎回ダメ出しだらけ。
もっと頭を使っていかないと。

秋以降は仕事が忙しくなったのもあり、あまり練習できずレッスンへ行くことが続く。
シュローダー1巻はようやく41番(親指を使うポジションが登場)まで。
来年は1巻の終わり(80番)まで到達したい。
先生によれば2巻ができればバッハの6番も弾けるとのこと。

8月にはmixiの「40代からチェロ始めた人集まれ!」コミの発表会に参加。
参加者全員と初対面というオフ会は久しぶりかも。
すごく楽しかった(^_^)
ここでソロを弾くためにバッハの3番のブーレを選曲、レッスンしてもらう。
今年の前半は結構練習したのはこれのおかげ。
来年はまた新しいネタを準備しないと。

10月には吉祥寺の中華料理店「京瑞軒うまうまコンサート」に参加、ブーレを弾く。
リュートやギターに混ざって図々しいったらありゃしないσ(^^)
こっちも来年また出るぞ。

ACPは8月と12月の2回開催。チェロは8月は「おくりびと」、12月はソロで聖子ちゃんの「スイート・メモリーズ」、ピアノトリオで「イエスタディ・ワンス・モア」と「クリスマスメドレー」を。来年はクオリティをもっと上げたい。

FM TOKYO40周年記念「1万人の第九」にも参加すべく練習会にも1回参加、チケットも買ったものの、結局仕事の都合上出場を断念、チケットはヤフオクで処分。これはちょっと残念。いつか歌もやりたい。

来年2月にサントリーホールで行われる「チェロコングレス2011」に参加するべく日本チェロ協会に入会。
参加申し込みをする。
チェロアンサンブルでサントリーホール大ホールに出られる(^_^)v
σ(^^)の参加曲は前半の3曲。まだ譜面も印刷してないけど(^_^;)
1/30の練習会までには練習しておかないと。

仕事は頭打ちで仕事が減っていく可能性大。収入減の可能性も。
4年ぶりに司法書士試験の勉強を再開したい。
4月から答練を受けられるように2月から本格的に準備をしたいもの。
収入が安定しないとレッスンも弓購入もできないものね。

弓購入も来年の目標の一つ。稼がないとね。

来年は年男です。48歳ってすげぇジジイな感じ。
若い頃は48歳なんていったらすごい大人だと思ったものだけど、自分がなってみれば何のことはない全然変わっちゃいない。
成長してないってことか(^_^;)

そんなわけでまた来年もお付き合い頂ければうれしいです。
ではよいお年を(^_^)/~
[PR]
by ryoseim | 2010-12-31 21:42 | 雑談
予定より遅くなったけどようやくチェロコングレスのパート譜が添付メールで届きました。
σ(^^)の参加は前半の3曲のみ。
初参加だし、初心者だからそんなものかな。

1 クレンゲル/ヒムヌス(12パート)
2 ゴルターマン/レリジオーソ(4パート)
3 パーセル/シャコンヌ(4パート) 

前半だけなので後半は客席で聴けとのこと(^_^;)
曲が良くわからんなぁ。練習会もあるようだけど土曜日とかじゃ行けないからねぇ。

印刷して音出ししてみないとね。
でもスコアか音源は欲しいな。
でも初の本格的チェロアンサンブルへの参加なので楽しみです。
[PR]
by ryoseim | 2010-11-26 01:58 | 雑談
3週連続で朝7時半に出て夜23時半過ぎに帰ってくるという日曜日(-_-;)
もちろん仕事です。クタクタです。
来週は午後は仕事がないので、慶應マンドリンクラブの演奏会(紀尾井ホール)に行ってから夜のお仕事の予定。

早く1月が過ぎて入試が終わらないかなぁ。この生活は落ち着かないわ。

木曜日にレッスンへ行ってきました。最近練習ができないので下手になってます(;_;)
1番のメヌエットは2が全然弾けなくなってる!ひどすぎる。
シュローダーもやってます。先生はエチュードは全部弾かせません。
ポイントのところだけ集中的に繰り返して「あとはいいよね」で先へ(^_^;)
でも今回はあんまりひどいので「フォイヤールやってる?」と言われ「やってません(-_-;)」

ってわけでポジション移動の練習をガリガリやるようにとの指令が。
スピード練習もメトロノームを使ってやること。音程の確認もチューナーやキーボード使ってみるようにと。

メトロノームは小型のチューナー付属のヤツを使ってます。ヤマハブランドだけどKORGのOEM製品。
レッスンで先生はBOSSの懐かしいドクタービートを使っています。昔ギター練習していたときもレッスンで使ったものです。自分で買ったことがなかったので買おうかなと思って探してみると、ずいぶんデザインは変わりましたが売ってました。

a0129061_2261537.jpg

←こんなやつです。

ついでにチューナーを探してみるとKORGのワイヤレスチューナーというのをみっけ。
a0129061_2291893.jpg
最近はクラシックギタリストでさえ、ヘッドにチューナーを付けている時代だものね。


両方買ってみました(^_^)



今日届いたのだけど、夜中にへとへとで帰ってきてそのままホットカーペットで爆睡。
さっきお目覚め(^_^;)
今はNHKで原田知世ちゃんの25周年ライブを見ながらいじってました。

明日になったら音出してみよう(^_^)
[PR]
by ryoseim | 2010-11-22 02:36 | 雑談
ヴァイオリン協奏曲はたくさんあるけど、バッハが一番好きって人は少ないかもしれない。

a0129061_1262232.jpg
レイチェル・ポッジャーの新譜がバッハのヴァイオリン協奏曲だったのでさっそくゲットして、聴いているのだがやはり名曲だ。
バッハが残したのはたったの3曲。1番と呼ばれるイ短調と2番のホ長調、さらに2台のヴァイオリンのための協奏曲ニ短調。
今回ポッジャーはイ短調とホ長調の2曲と失われたとされる2曲のヴァイオリン協奏曲(バッハ自身がチェンバロ協奏曲に編曲したものから復元したもの)の4曲を録音している。

σ(^^)が一番好きなのはホ長調。ポッジャーのバロックヴァイオリンによる演奏は軽やかにリズミカルで美しく楽しい。

この曲を初めて聴いたのは高校1年の時。σ(^^)の音楽人生で最も衝撃的だったともいえる出来事だった。

高校入学してギターアンサンブル(各種合奏用ギターを使ったもの)を始めて、楽しく練習していたのだが、秋に全日本学生ギターフェスティバルと全日本ギターコンクールという2つのコンクールに出演するのが我がギター部の恒例行事だった。
このフェスティバルでギターアンサンブルの名門と今でも言われるS学園がこの年はバッハのホ長調1楽章を演奏したのである。

2万円ぐらいの安ギターを詰め襟学生服の十数人が弾いて作る素晴らしいアンサンブル。
この演奏を聴かなかったら、今でも音楽をやっているなんてことがあったかなぁと思うくらい、当時のσ(^^)には衝撃だった。
もちろん今聴けば汚い音だし、アラはいっぱいあるはずだけど、同じ高校生がこれだけの音楽を作っていることが驚異だった。
当然圧倒的な高得点でS学園が最優秀賞を受賞。

σ(^^)はこの曲を勉強しようと早速ミニスコアを入手。当時は250円ぐらいで手に入ったのだ。
ギターを持ってソロパートや通奏低音パートを弾いてみてバッハの音楽の素晴らしさを知った。

そこからバッハに心酔していくことになるのだが、少ない小遣いでLPを買ってはすり切れるぐらい聴いたなぁ。今は山のようにCD買ってもそんなにすることもなくなってしまったけど。

2年生になったσ(^^)は半数以上が先輩なのに部長にさせられ、打倒S学園に向けて全精力をつぎ込むことになる。
まずは選曲だ。バッハをやりたいがなかなか良い曲がない。そこで少し変則的な手を使う。
ヴィヴァルディの調和の霊感3-8の1楽章をバッハがオルガン協奏曲(といっても独奏曲)に編曲したものをギターアンサンブル用にする。
3-8は鈴木メソードでヴァイオリンを弾く子は必ずやるおけいこ名曲でもあるのだが、これだとちょっと単調なのでバッハ編にしたのだ。

フェスティバルで念願の最優秀賞を取ることができたのだが、その時は学校行事でS学園が出場できなかった。本番は翌月の全日本コンクール。S学園はバッハの2台のヴァイオリン協奏曲の1楽章を演奏。結果は我が校が僅差で負けた。あのときはお通夜状態だったな(^_^;)

その後、しばらくの間はフェスティバルのポスターにはσ(^^)がガッツポーズをしている表彰式での写真が使われたいた。記念に1枚もらっておけばよかったなぁ(^_^;)

バッハのヴァイオリン協奏曲を聴くとそんな昔のことを思い出すのでした。
[PR]
by ryoseim | 2010-10-29 01:52 | 雑談
声も出ず、帰ってきたら動くこともできないほど疲れ切ってます。
この暑さで参りました。とりあえずなんとか生きております(^_^;)

夏期講習も2週間終わって、とりあえず前半の山場は過ぎたかな。
今日と一昨日は朝から晩まで立ち通し・喋り通しで昨日だけ14時終わりで夕方からレッスンに行ってきました。

ちゃんとレッスン日記書こうと思いながらそれもできず。
シュローダーの170のエチュードを再開。
前の先生のとき途中までやっていたのだけど、ただ弾くだけで細かな指導はほとんどなく、これじゃこれ以上上手くならないと見切って、田澤先生のところにお世話になることに。
相変わらずしごかれてます(^◇^)ケラケラ この歳で新しいことを学ぶことができるなんてうれしいからね。
シュローダーは21番から再スタート。次の22番で右手首の使い方でちょっと開眼した気が(^_^;)

明日から2連休です。今夜は目覚ましかけずに寝ます(^_^)v
[PR]
by ryoseim | 2010-07-30 23:52 | 雑談
年々時間が経つのが早く感じられます。
きっと時間に加速度がついているに違いない(。_゜)★\(^^;)バキッ

そんなバカなことを思うほどあっという間に時間が過ぎますな。
7/15で前期日程が終了、19からは夏期講習が始まります。
夏期はマジで『死のロード』、例年ダウンする者が続出する体力だけが勝負の夏。
老化による体力の低下は著しく、早く足洗いたいと思いつつ、なかなか洗えない。

練習もしたいし、部屋も片付けないと。
CDや本が散乱したまま、年が明けてから早半年。
最近は捜し物が出てこないまま、探すのを断念する毎日。

でも深夜はこうやってパソパソして時間を無駄にする(-_-;)
いよいよダメ人間からくず人間に降格かな。

一念発起してまず掃除から始めたい。できるかなぁ。
[PR]
by ryoseim | 2010-07-01 02:32 | 雑談