<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

毎年恒例の夏期講習がようやく昨日で終了。
しかし休みなしで今日から新学期。
ホント練習できません。昨日の夜とさっきちょっとだけ音出し。

81番に苦戦。第4ポジションで人差し指を下に広げたまま弾く曲だけどフラットが4つもついてる(-_-;)
ギター弾きはフラット系は弱いです。まして4つも付いている曲なんて記憶にない。
またメロディがよくわからん曲なので音を拾うだけで精一杯。
明日も朝から夕方まで仕事なので夜のレッスンはぶっつけ本番状態でのぞむことに。

月曜からは3連休なので来週に向けて練習します。
[PR]
by ryoseim | 2009-08-29 23:42 | 練習
今週もほとんど練習できず、昨日と今日の昼間少しやったぐらい。
懸案の手首の動きは少しは改善したかなと思ったけど、そうでもなかった(;_;)

教本 55、79、80

右手の指を第1関節でしっかりで曲げて、人差し指で重さをかける。
小指が浮いてしまうクセがあるのでしっかり乗せておくことを心がけること。
移弦のときはしっかり手首の上下運動を大げさなくらい行う。
どうしても動きが小さくなる。

腕の屈伸運動は戻ってくるときに曲げるように。
手首の返しもしっかり。

80番ってのがA線とC線を行ったり来たりするエチュード。
これがスムーズに弾けるといいのだけど。

55と80は来週継続。
次週の宿題は81番。第4ポジションの広いポジションを維持する練習。
左手親指をいっしょに広げること。

曲集 28 シューベルトのメヌエット
先週より弾けてないけどとりあえず終了。

31 シューマンのCradle Song

レガートに弾くこと。相変わらずヴィブラートまで気が回らない。
ヴィブラートはもっと大きく左手首の力を抜いて大きく動かす。
押弦は指の先を乗せる程度に。力入れすぎてる。
親指も軽く支えるだけ。
広いポジションで尺取り虫のように進んでいくところは思い切って親指もいっしょに移動させる。

シューマンの弾き方
いつも通り原則はフレーズごとにクレッシェンド→ディミヌエンド
シューマンに特有なのは高い音でルバート&ディミヌエンド
テンポをもっと大きく揺らしてよし。
次週継続。

次週の宿題
37 チャイコフスキー Early French Song
聴いたことあるけど何の曲だか思い出せない。
結構弾きやすそう?
[PR]
いつも通りスケール3種をやってからここのところずっとやっている教本55番から。
相変わらず手首が硬い。
前回の宿題であった79番。弦を1本または2本超えて移弦する練習。
55番は左右の動きだけど、こちらは上下の動き。
自分ではなんとかやっているつもりなんだけどもっと極端に練習する必要がある。
それぐらいやって普通にできるようになるんだね。

まずC線・G線では全部の指を伸ばしてまっすぐ下になるように構えて、A線を弾くときは思い切り手首を返して全部の指を曲げて弾くようにする。
意識して曲を弾くとかなり難しいねぇ。
この曲は来週もう1度やり、さらにその次の80番が宿題。
これが79番以上に飛びまくる(-_-;)

曲集
23番 ベートーヴェンのコントラダンス
もう少し表情を大げさに付けた方がいい。そのぐらいのつもりでちょうどいいってこと。
ヴィブラートをもっとつけること。ついつい弾くのに精一杯になってる。

28番 シューベルトのメヌエット
先週の宿題。
トリオの部分、「タタ/タタン タタ/タタン~」とアクセントをつけて、フレーズごとにディミヌエンドを忘れない。スタカートとテヌートをはっきりメリハリ付けて。
こちらもヴィブラートを忘れないように。

ヴィブラートのとき、左手親指の腹をネックに軽く置いて大きく上下に動かすこと。
3・4より1・2の方がかかりにくいなぁ。つい力が入ってしまう。
次週継続。

来週の宿題 31番 シューマン Cradle Song
子守歌だね。聴いたことない曲だけど美しい曲。
広いポジションが頻繁に出てくる。レガートに弾くように。
[PR]
夏休み最後の日は弦を張り替えて終わり(^_^;)
まだ安定しないので使いづらいけど、チューニングはしっかりできるようになった。
ちょっとだけ練習して、次回のレッスンに備える。
金土は忙しくてとても音出しできないだろうからなぁ。
[PR]
日曜日から5連休中です。
でも午後からちょっとだけ成増で仕事してからお茶の水のクロサワ楽器へ。

弦は10年前からそのまんま。A線だけは春に再開した直後に切ってしまったので、ピラストロのクロムコアを張ったけど。
さすがに音程が不安定でチューニングがしにくいし、ホントは年内に弓を買って、S工房で楽器を調整してもらうときに換えようと思ったのだけど、弓購入が難しくなったので予定変更。

日曜のレッスン時に先生にどの弦がいいか教えてもらったのでその通りに。
上の2本はラーセン、下の2本はスピロコア。
高いねぇ。余裕があったらスピロコアはタングステン、ラーセンはソリストにしようかと思っていたけどさすがに無理。A線だけは予備に1本追加して5本購入。ついでにペグコンポジションも購入。

明細も記録しておこう(^_^;)

スピロコア C線 4557円
スピロコア G線 4116円
ラーセン  D線 5880円
ラーセン  A線 4452円×2本
ペグコンポジション 1512円
合計    ¥24,969

ギターの10倍だなぁ。明日張り替えます。
[PR]
by ryoseim | 2009-08-11 22:10 | 楽器
昨日で夏期講習前半が終了で、今日から5日間の夏休みです。
レッスンはいつもより早い8時から。

テキストに書いてありました。

「移弦は柔らかにした右手首と右指の屈伸で行い、決して肘で行わない」

いつも言われているとおりジャン(^_^;)
というわけで今日も右手の練習中心。

教本はすっかり恒例になった55番から。暗譜しちゃったし(^_^;)
当然来週また継続。
先週の宿題だった57。付点8分と16分の「ターン・タ」が最初から最後まで続く曲。
2音を一弓ずつ弾くのだが、移弦がもれなくついてくる(-_-;)
手首の上下運動でやるのだが、やっぱり上手くできない。
次週はさらに進化した78番が宿題。この曲はA線からC線まで移動がある。
A線を弾くときは手首を返してしっかり人差し指と小指を曲げること。
肘が伸びっぱなしになっているのダメ、
C線のときは反対に指が伸びた状態でよい。
意識しながら練習しなければいつまでもできるようにならない。

曲集
ベートーヴェン 22・23

先週の続きの22番は終わり。
23番は細かく曲想をつける。こちらはまた来週もう一度。

宿題は28番のシューベルトのメヌエット。
[PR]
夏期講習真っ最中です。
しかも激忙で帰宅後、エアコン付けたままゴロ寝して夏カゼをひいて(この1ヶ月で3回目(-_-;))
日曜日レッスンなのに金曜日の今日ようやく少し練習できました。
明日も朝から夜まで仕事なので音出せないだろうし、明後日は朝8時からレッスン。
このままぶっつけ本番か?まぁしょうがないか。
[PR]
by ryoseim | 2009-08-07 22:38 | 練習
今週は夏期講習まっただ中の激忙中につき練習不足。
それでもしっかりレッスンに行ってきました(^_^)

言われることはもう決まってる。「力を抜くこと」につきます。右手がひどいけど、左手も実は負けてない(^_^;)

弾いているうちに左は親指の位置が深くなりがち。指の腹を軽くネックの中心付近に添えるように。
力を入れすぎるとヴィブラートもうまくかからないし。
第4ポジションより上になると手首がくぼんでしまう。手首はCの形になるように。

教本 55、54、58

55は来週も引き続き練習。54はとりあえず終了。
58は「ターン・タ・ターン・タ~」の付点がしっかりのばせていない。
これも手首の左右の動き。
人差し指と小指をしっかり曲げることを常に意識する。

次週は57。58の付点、54での移弦、両方をいっしょになっている曲。

曲集
17番アヴェヴェルムコルプスはなんとか終了。

22番ベートーヴェンのコントルダンスは「タ・タ・タン・タ・タ・タン~」3つめの8分音符にアクセント、そこでフレージング。中盤の「タ/・タ・タ・タ・タン/」と頭のアクセントをしっかり。
13小節目からの16分のスケールは移弦をスムーズにできるように。
トリオの部分は2小節ずつ対照的に弾く。最初の2小節はやわらかく、あとの2小節ははっきりと。
さらにこの4小節と次の4小節も対照的になるように。フレージングはっきりと。
ベートーベンらしく弾くように。また来週に持ち越し。

次週宿題 23番 ベートーヴェン コントルダンス(当然22とは違う曲)
トリオの後半にテンポルバートあり。

今回の新しいテクニック
1 冒頭の3和音の弾き方→下2音、上2本を分散して弾く。
2 スタカート→弓に圧力かけて弾いたらすぐ力を抜く。

22・23とも右手首の練習である。

来週は何と日曜の朝8時から(^_^;) 早ぇ!
[PR]