<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

1/29(金)文京シビックホールにてタイトルのコンサートへ行ってきました。
会場はほぼ満席。

前半はアルゼンチン出身、現在は日本在住のアリエル・アッセルボーンのギターと歌。

エドゥアルド・ファルー : つばめ
アタウアルパ・ユパンキ : 恋する鳩の踊り ※
アリエル・アッセルボーン : 老いた賢者 ※
                   風の道 ※
                   君がそのとき歌だから
アリエル・ラミレス : アルフォンシーナと海
ビオレタ・パラ : 人生よありがとう
ベネズエラ伝承歌 : 緑の小鳥
(※はギターソロ、他は弾き語り)

話題になっている人なので一度聴いてみたかったのだが、ギターも素晴らしく、歌声も高音が美しい。
弾き語りといってもギターがクラシックギターそのものなので非常に高度な技術が必要。
あれを弾きながら歌うなんてすごい!
ギターは柔らかな音色ながら、フォルクローレっぽいリズムの刻みなどはかっこいい。
ちょっと古いたとえだが長谷川きよしを彷彿させるって感じかな。
もっと洗練されているね。フォルクローレというと泥臭いイメージだったんだけど全然違う。
CDも買おうかな。

後半はトリアングルによるタンゴ
トリアングルはギター:高田元太郎、バンドネオン:啼鵬、ヴァイオリン:相川麻里子によるトリオ
σ(^^)は初めて聴く。

プログラムはおなじみの曲ばかり。

アストル・ピアソラ : リベルタンゴ
ファン・デ・ディオス:フィリベルト : カミニート
                       バンドネオンの嘆き
アストル・ピアソラ : 天使の死
ハイノ・ガーツェ : 真珠採り
ヤコブ・ガーデ : ジェラシー
ヘラルド・エルナン・マトス・ロドリゲス : ラ・クンパルシータ
アンヘル・ビジョルド : エル・チョクロ
マリアーノ・モーレス : ウノ (with アリエル・アッセルボーン)

1stアルバムに収録の曲ばかりとのこと。これも買ってないので買わないと。
アレンジは啼鵬氏が担当しているそうだがさすがに上手い。
ヴァイオリンとバンドネオンがあれば、ギターが地味になりがちなところだが、そこは元太郎師匠だ。バッチリかっこよく決めている。カッコイイね。
アンコールでは「カミニート」をアッセルボーンといっしょに。

クラシックの人がジャンルを横断して演奏するってのは増えてきてますね。
元々ギターはそういうのがやりやすい楽器ではあるけど。
今後も楽しみです。
[PR]
今週も先週に引き続き日特最終回のため早起き。
そういえば11月までは毎週朝イチでレッスンに出かけていたのでいつもこの時間に起きていたのだ。
「遠くへ行きたい」が始まってちょっとしたら出かけていた。

久しぶりにこの時間に起きて(先週はもっと早く出かけていたけど(^_^;))「遠くへ行きたい」の冒頭テーマ曲が変わっているのに気づく。
去年までは森山良子の歌。このアレンジの不安定感が非常に心地悪く嫌いだったのだけど、今月からは過去に歌っていた人のが月替わりで変わるのだとか。
今月は森田公一とトップギャラン。懐かしいね(^_^;) 聞いてホッとする。

なんて書いてあるけどホントはこの歌嫌いなのだ。
だったら見なきゃいいんだけどね(^_^;)

今週金曜日にレッスンなのにもう1週間以上弾いてない。
理由はいつも通り(^_^;)
明日は立教新座中の応援、ってあと数時間後だが。
いったん帰ったら練習しよう。
うちでできないなら練習室借りればいいんだけどね。それも予約してくるかな。
[PR]
by ryoseim | 2010-01-25 01:19 | 雑談
昨日の夜中予選の様子をテレビでやっていておもしろそうだったので、本選はヴィデオに録って見た。

中学時代は合唱部の助っ人としてNHKやTBSのコンクールに出たこともあるし、カラオケに行くと自分でリクエストした曲を誰かに歌わせてσ(^^)はハモるとか(^_^;)
まぁ根っからのハモラーなわけです>いつかはマタイを歌ってみたいσ(^^)


ハモネプも初めの頃はおもしろがってみていたのだけど、すっかり飽きてしまって。
まぁ若い人が一生懸命やっているのはすばらしいことです(^_^)

優勝した姉弟4人組がアレンジも歌唱力も圧倒してましたね。
文句ないでしょう。
他は上手いけどパワーがないとか、迫力はあるけど単調だったり、音程が甘かったり。

σ(^^)が気に入らないのはヴォイパ。
ハモネプのせいなのかすっかり普及しちゃったけど、あれいらないと思うんだよね。ヴォイパがあるだけで全部同じ調子になっちゃうし。
人数が多くなるほどいろいろやりたくなるのはわかるんだけど、結局はグチャグチャになるだけな気がする。

30年前に山下達郎の「オン・ザ・ストリートコーナー」が出たときはそりゃ衝撃的でしたよ。
今聴いてもすごいもんね。
であれ基本はメロディとベースと内声2部の4部だよね。
シンプルが一番だ。

ホントにすごい演奏は鳴っていない音が聞こえてくるような演奏じゃないのかな、なんてバッハを弾きながら考えるこの頃です。
[PR]
いざバッハをやろうと思ったら大きな問題点が楽譜だ。

とりあえず原典版でしょ!なんて思ったけど、2000年に出た決定版的ベーレンライターの5種のファクシミリ付き(アンナ・マグダレーナとバッハの弟子ヨハン・ペーター・ケルナーの筆写譜など)原典版は超高い!
池袋のヤマハで12000円もするのでひるんでしまって買えずじまい。
そもそもこれの現代譜はスラーやら記号が一切ない。自分で付属の資料を読んで考えろってやつ。
さすがにそりゃ無理だわ(^_^;)

もう一つこれも2000年に出たキルステン・バイスヴェンガー女史(バッハ研究家の小林義武氏の奥さん)監修のブライトコプフ版。こちらはバッハの無伴奏ヴァイオリン6曲のバッハ自身による自筆譜とアンナ・マグダレーナの筆写譜の比較から癖や間違いの傾向を考察して作られたものだという。

今アカデミアミュージックで探したらもっと安いぞ。
ベーレンライターは8350円、ブライトコプフは8580円。
そのうち買おう(^_^;)

a0129061_23444533.jpg

手元にあるのは4種。
昭和の頃に買った全音ベーレンライターの当時の原典版。でもちゃんとスラーや運指番号が書いてあったりする。
それから昨年出た鈴木秀美さんの解説と校訂楽譜のセット、カザルスのアシスタントだったルドルフ・フォン・トーベルによるカザルス解釈版。
さっき池袋ヤマハで買ったのは全音から出ているモーリス・ジャンドロン版。
左も右も細かく指示が書いてある。参考に買ってみた。

1番のプレリュードの最初のスラーからしてバラバラだものね。
普通は最初の16分音符3つはスラーで弾く。秀美版は最初の16分の次の3つをスラーにしている。
その理由は解説書に書いてはあるけど、確かにそれは自然な感じではある。
さっきヤマハで見たフルニエ版なんて全部スラーになっていてびっくり!
フルニエってそうやって弾いていたっけ?あとでCD聴き直してみるけど。
どうせなら秀美版で弾きたいなぁ。

ついでにガンバソナタの楽譜も買った。(写真右下)
これはヘンレ版。
無伴奏に比べればずっとマイナーだし、巻末にいろいろと書いてあるみたいだけどあまり話題にはならないね。弾く人も少ないし。チェロの曲じゃないからかビルスマは弾いているけど秀美さんも弾いていないしなぁ。
これは今年のオフ会で弾こうと思ってます。
[PR]
1月10日から埼玉県内の私立中入試が解禁、連日受かった落ちたで大騒ぎ。
講習中からカゼでやや体調悪いのに、校門激励で朝寒いところに長時間立っていたらぶり返してきた(-_-;)
今日は夜1コマしか授業ないので昼間の仕事はキャンセルして午前中ずっと寝てやや回復。
年々体力の衰えを感じるこの季節。
[PR]
by ryoseim | 2010-01-15 13:59 | 雑談
まずは5度でチューニングする練習。
左手で糸巻きを回しながら右手はボーイング。
力を入れるには左足で楽器を支えるようにする。
気持ち高めに合わせる。

純正で合わせるとチューナーで5度を合わせるより低めになることに注意。

左手の甲が指板と水平になるようにする。まだややへこみ気味。
そのためにはまず4までいっぺんに押さえて、その状態で1だけ隣の弦を押さえることができるようにする。
指を上がるだけで手の形を変えないでを音を取れるようにする。

手の形を決めるための練習 フォイヤールP2 10番
必ず付点のリズムでも弾く。
1が下がる 21番
親指がいっしょに上がる 22番 → 親指を先取りするように動かす。
これもリズムを変えて弾いてみる。
D線4から始まる練習 26番
小指は立てるのではなくつぶれる感じ。
4を押さえたとき親指を放してしまう。その形がよい形。そのまま練習するのもよし。
親指は添えるだけ。4本の指でチェロを引き寄せる感じ。

ポジション移動の練習 1st→4th P4 5の1~4番

1-1 1-2 1-3 1-4
2-1 2-2 2-3 2-4
3-1 3-2 3-3 3-4
4-1 4-2 4-3 4-4

手が動くだけで指を動かすわけではなく、たまたま使う指が2とか3とかいうだけ。

移動する直前のイメージ →文章にするのは難しい(^_^;)
スピード→等速ではなく加速する感じ 下りは重力の関係で上手くいくが上りは意識して加速する。

音符面を追うのではなく、その中にどういう原理があるのか見極める。
それだけのこと。

ウェルナー
P27 指を残す意識を。
弓をたくさん使ったボーイングにすればつまらない曲でも音楽的に聞こえてくる。

弓の先だけを使う練習。
移弦→ひじの高さを変えて行う。手首を動かさないこと。
これも付点をつけて弾いてみる。逆付点でも弾く→全然違う曲だ(^_^;)

P28 指の形を決める。
弓のスピードと接弦点を考える。
右手をブラブラさせて「止めて」で止めた状態の形。
弓を持って、弓先を弦に付けたままブラブラ同じようにやってみる。
そのまま弓を左右に動かす。

駒寄りだと発音が「イー」という感じ。もう少し指板よりで「オー」というように弾く。弓のスピードは駒寄りだとゆっくりでもいいが、指板寄りだとスピードを上げないと音にならない。手首は絶対に使わないこと。

P28 下から3段目「右手首の練習」
1 3弦の移弦 G-D-A-D 
手首を使わず、円滑な動きを目指す。弓のねじが8の字を描くように動くように。
できたらまた付点付きでやってみる。
A線で手首を使いたがる傾向あり。← 直すように!

3 4弦の移弦 C-G-D-A-A-D-G-C
こちらも同様。なめらかにカーブ状に往復運動を。
接弦点を見るよりラインをイメージ。

指・手首・ひじが渾然一体となってボーイングになる。
手首が返ると音色が変わってしまう。
一定であることが重要。移弦しても手首を変えない。
使わないに越したことはない。
早いパッセージを弾くときには使ってもよいというぐらい。

P40 左手の開いた形
親指は放れる前の音のときに移動する。
楽譜は先読みをしておく。それでないととっさのポジション移動ができない。
たとえば「E-F-E-Fis」3つめのEのときに親指を移動する練習。

P53下 4thポジションの形を決める練習。
次回1stと4thの連携の練習へ。

今日のポイント

左手 4まで押さえた状態で1を押さえる

右手 手首をできるだけ使わない。手首をブラブラさせて止まった状態をそのまま横に移動するだけがボーイング。

[PR]
昨日で冬期講習も終了し一段落。
今日は今年の初レッスンへ朝から行ってきました。

で、レッスン日記を書くにはあまりにも膨大な内容だったので(^_^;)
ちゃんと録音したので聴き直して後で整理します。

T先生としてもσ(^^)をどうやって指導するかまだ決めかねているようで試行錯誤のレッスンな感じ。
全くの初心者だったら簡単だったのだろうけど。問題点は徐々に明らかになってきていますが(^_^;)

次回から何をやりたいかというのでバッハをというと1~3番ならできますよというのでさっそく1番からに決定(^_^)v

楽譜は原典版。ベーレンライターから出ているファクシミリ付きのヤツ、前から買おうと思っていたのだけど何しろ8000円以上する。この機会に思い切って買おう。

上尾でレッスンの後は帰り道に埼玉県民のソウルフード『娘娘(にゃんにゃん)』で昼食。
絶品スタカレー(カレーといってもカレーじゃなくてニラと挽肉を辛味噌で炒めてごはんに乗せるもの)
を久しぶりに食べた。レッスンの帰りは必ず食べよう。

上尾の娘娘は2年前までは桶川にあった。桶川に11年勤めていたσ(^^)にとってはDNAに刷り込まれた感すらあるこの味。20年前は380円だったはずだが、今日は550円。だいぶ上がったけど味には変わりがないのがうれしい。オヤジさんがちょっと老けて元気ないのが気になるが、まだまだがんばってくれ。
[PR]
by ryoseim | 2010-01-08 13:25 | 雑談
今日は15時前に帰ってこられたのでちょっとのんびり。
甥っ子の算数と理科の勉強を見て、夜になってやっと今年初練習だ。

まずはフィヤール。
P2の10、18、21、22
全部やれってことだったのかもしれないけど、先生の書き込みがあるのはこれなので。
21・22は拡張の練習で下への移動なので親指をいっしょに。

P35のスケールはDdur。D線の8ポジのフラジオレットから1オクターブ。
よく見たらト音記号で書いてあるぞ。
P36のアルペジオもDdurで同じト音記号。
7小節のうち最後の2小節は×がついているからやらなくてよかったのかな。
たくさんありすぎてメモし忘れるとわからんね。今度から録音しておこうかな。

ウェルナー(ページ数はドレミ版)
P27、28は1stポジションのエチュード。左指の移動のとき指を残したり、4の指のとき1・2・3も同時に移動する基本の練習。
P40は拡張も含む1stポジションの練習。これまたDdur。いかにもウェルナーで長い(-_-;)

P52に飛んで4ポジでの拡張の練習。P53下のエチュードは4ポジだけで弾く。
覚えにくい曲(-_-;)

金曜日の朝レッスンなので練習できるのは木・金の朝ぐらいしか弾けない。
来週にすりゃよかったなとちょっと反省。
[PR]
by ryoseim | 2010-01-05 00:04 | 練習
今年もよろしくお願いします。

年末に買った音楽関係の本を紹介。

a0129061_0191978.gif

「チェロ 大人のスタンダード カラオケCD付」

自称コテコテゲルマン派のσ(^^)も少しは柔軟路線で行こうかなと(^_^;)
で買ってみました。クラシックばかりじゃなくてちょっとおしゃれなものも弾けるとかっこいいかな。
次回の演奏オフのネタです。
カラオケCDも付いているけど、打ち込み中心でちょっと拍子抜け。予算からすればしょうがないけど。
チェロ譜しかないのでピアノ譜とかは別途準備しないとならないのが不便。
解説がクラシックぽくないのがいいです。

a0129061_0293126.gif


はじめての弦楽器メンテナンスブック

割と読みやすく書かれている。写真(白黒だけど)も多くわかりやすいかも。

a0129061_0315736.jpg


サラサーテ 2010年 02月号

特集は「脱力の極意」永遠のテーマではあります。
「チェロ大集合」なんていうミニ特集もありますが、たいしたことはない(^_^;)
[PR]
by ryoseim | 2010-01-01 00:32 | 雑談