<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

駒込の女子栄養大学の中にある松柏軒というレストランで行われたコンサート。

♪松柏軒フルートデュオとギターによる ~音旅~ コンサート♪
2011年7月18日(祝)  12:30開場 13:00開演
場所  松柏軒(女子栄養大学内)

メンバー  フルート:高橋雪 松原由紀子  ギター:磯野鉄雄

数年前、国分寺のクラスタでこの3人での演奏を聴いて以来2度目。
σ(^^)の敬愛するギタリストであるLendl師匠こと磯野鉄雄氏は端正で知性的な演奏が素晴らしい。
数少ない実演の機会はなるべく聴いておきたいものです。

今回はフランス料理フルコースを食べながら聴く(実際には食べてから演奏)というセレブな企画(^_^)
フリードリンクってことで昼間から飲み過ぎのσ(^^)

せっかくなので料理のメニューも記録しておこう(^_^)

"小さなお楽しみの盛り合わせ"若鶏笹身肉のマリネ 生ハム添え

鱸のマリネ、軽い燻製の香り 赤肉メロンと共に

冷たいガスパチョに帆立を浮かべて

和牛イチボ肉のグリエ ポテトのドフィノワーズと温野菜添え

黒糖のクリームブリュレと黄粉のアイス添え

コーヒー


フランス料理、しかもフルコースなんて敷居が高すぎて食べる機会などほとんどないのだけど、ここぞとばかり堪能。フリードリンクだったので、ビールとワインを飲み過ぎ。
なでしこJAPANの応援で寝不足の身にはアルコール利くわ(^_^;)

プログラム 

1部

(3人)
ア・フロール・アモローザ/A.カラード
(高橋・磯野)
想いの届く日/C.ガルデル

(磯野ギターソロ)
ケルトの物語/F.ハンド
バレンシア舞曲/V.アセンシオ
優しさ/D.レイス
リオを歩く/L.ボンファ

(3人)
オブリヴィオン/A.ピアソラ
リベルタンゴ/A.ピアソラ

2部

(3人)
4つの小さな夢の歌/吉松隆
(春:5月の夢の歌、夏:8月のゆがんだワルツ、秋:11月の夢の歌、冬:子守歌)
ペジエ(仔犬のテーマ)/近藤研二

(松原・磯野)
ブエノスアイレスの雲/M.プホール
(松原・高橋)
テイク・ファイブ/P.デスモンド
(3人)
ティコティコ ノ フバー/Z.デ.アブレウ

アンコール
ディアハンターのテーマ/S.マイヤーズ

笛とギターはやっぱりよく合うね。松原さんの笛は前に聴いたときもきらびやかで印象に残ってたんだけどいいですね(^_^) 楽しそうだし。
Lendl師匠のギターソロ4曲もたっぷり堪能。
「リオを歩く」は2週間前に小平の青らんぎでのギターとハーモニカ(鈴木真澄氏)のライブでも演奏していたけどこういう曲を弾いてみたいものです。これかなり難しそうだなぁ。楽譜探そうかな。
ピアソラ2曲も鈴木氏とのライブでもやったばかりですが、特にリベルタンゴは笛2本による掛け合いのアレンジもかっこよく決まってましたね(^_^)
フルートもバス、アルトを持ち替えたりして。

後半はメインの料理を食べた後。
吉松隆もいいねぇ。原曲はギター&ハーモニカだっけ?ピアノ編もある。
美しいメロディ。これは笛とも合うのでやってみたい。
CDは誰かに貸したまま行方不明なのでもう一度買い直そう。
ペジエではリコーダー2本を使用。映画見てないので曲は知らなかったけど
栗コーダーカルテットなのね。これまたギターとあってよかった。
ショパンはこの間の青らんぎでも鈴木氏のハーモニカでやってましたが、こりゃ吹く人が大変(^_^;)
超絶技巧だもんね。
「ブエノスアイレスの雲」も前回のライブのアンコールで聴いた。笛とハーモニカはだいぶ雰囲気違うけど、これもいい曲です。
「TAKE5」はご存じのあの曲。高橋さんがバスであのリフを繰り返し、松原さんが自由に吹きまくる。ライブ活動も多いという松原さん、一度ライブも観に行ってみたいね。
「ティコティコ ノ フバー」σ(^^)は知らなかったけど有名な曲らしいです。
バラエティにとんだ選曲で、知らない曲も多かったけど楽しめました。
アンコールはギタリストのアンコールピースとしてはおなじみ。σ(^^)も何度も弾いたことあるけど、また弾こうかな。

また3人での演奏をやるときはぜひ聴きに行きますよ(^_^)v
[PR]